ご 足労 いただき ありがとう ござい ます。 「ご足労おかけします」という表現の正しい意味や使い方

「ご足労」の意味とは?類語とメールでの使い方を例文で紹介

足労 ます ござい ご ありがとう いただき 足労 ます ござい ご ありがとう いただき

先日は拙宅までご足労いただきまして、厚くお礼申し上げます。 類語の「お越し」や「お手数」に言い換える 「ご足労」は「お越し」や「お手数」が類語となり、状況によって言い換えることができます。

「ご足労いただき」とは?目上の人に使える?会話やメールで使用例・「ご足労」を使った表現も解説

足労 ます ござい ご ありがとう いただき 足労 ます ござい ご ありがとう いただき

使いやすい敬語なので、ここでしっかりと覚えておきましょう。

3

「ご足労」とは?意味と使い方!類義語や読み方、目上の人に使えるのかまで!

足労 ます ござい ご ありがとう いただき 足労 ます ござい ご ありがとう いただき

敬語の種類 つづいて「ご足労いただきありがとうございました」の敬語の種類について。 つまり、本来はこちらから足を運ぶ・出向くのがビジネスマナーとされているにも関わらず、わざわざ相手が来て頂いたと言う事実に対して、感謝の気持ちを「ご足労おかけします」という言葉で表します。

5

「ご足労いただき」の意味や使い方は?目上の人には使えるの?

足労 ます ござい ご ありがとう いただき 足労 ます ござい ご ありがとう いただき

都合の良い日時を指定した場合に、相手にお礼とお願いしますの意味を込めて述べられます。 ですので、「ご足労おかけいたしますが」と使うのではなく「ご足労頂きありがとうございました」といった使い方がよいでしょう。

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

足労 ます ござい ご ありがとう いただき 足労 ます ござい ご ありがとう いただき

「ご足労いただき」は感謝の表現で、後に「ありがとうございます」などが続きます。 また、「ご足労いただき」や「ご足労をおかけし」というように「ご足労」は「いただく」「おかけする」とセットで使われます。 「ご足労いただき」の「〜いただき」は、何かをしてもらった後に使用することが基本であるということを先程も説明しましたが、何かをしてもらった後には、してもらったことに対するお礼の気持ちを述べるのが自然な流れだと思います。

2

「ご足労」とは?意味と使い方!類義語や読み方、目上の人に使えるのかまで!

足労 ます ござい ご ありがとう いただき 足労 ます ござい ご ありがとう いただき

「ご足労」には、「打ち合わせ前 」「打ち合わせ当日」「打ち合わせの後日」により3通りの使い方があります。

4

「ご足労いただき」【意味・使い方・例文・類語】目上の人には使える?|語彙力.com

足労 ます ござい ご ありがとう いただき 足労 ます ござい ご ありがとう いただき

例文 件名:打ち合わせの日時について A様、いつもお世話になっております。 まず「ご足労いただき」は「わざわざお越しいただいて感謝しております」といった意味合いで使います。

15