敬虔 意味。 「敬虔」とは?意味や使い方を解説します!

「敬虔」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

意味 敬虔 意味 敬虔

ただ、敬虔主義者たちの影響力はこの地域においてたびたび過大評価されてきた。

17

「敬虔」とは?意味や使い方を解説します!

意味 敬虔 意味 敬虔

フリードリヒ・クリストフ・エッティンガー(1702年 — 1782年)は自身の神学に他の様々な伝統を組み入れ、さらにヴュルテンベルクの敬虔主義に影響を刻みつけた。

「敬虔」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

意味 敬虔 意味 敬虔

シュペーナーによって始められた敬虔主義運動は、フランケの熱心な実践活動においてピークを迎えたが、フランケの没後は徐々にすたれることとなった。

7

「敬虔」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

意味 敬虔 意味 敬虔

特に、神仏を深くうやまって仕えるようす。 西洋では、古代ギリシア以降、徳目の一つとされており、キリスト教においては、信心を表す、プロテスタントの用語として認識されています。

7

敬虔さ

意味 敬虔 意味 敬虔

1743年、敬虔主義者の秘密集会が、周辺の関係者たちから尊敬を受けて正式な承認を受けることになった。 ……『日本国語大辞典』ほかより。 その他の情報 態度だけでなく行動においても敬虔になる必要があります。

敬虔主義

意味 敬虔 意味 敬虔

に見られたこのような風潮に対抗したのがシュペーナーであり、一般の信者の積極的役割と、的な生活を説いた。 同様にクリスチャン・ゴットリーブ・プレギツアー牧師(1751年 — 1824年)の働きに起源を持つプレギツアー共同体も存続している。 とりわけ、シュペーナーの求めに従うようになり、華美な洋服、喫煙、飲酒癖、ダンス、喜劇、カード遊びを罵るようになり、娯楽、遊興、音楽のあらゆる種類に反対するまでになった。

9

敬虔主義

意味 敬虔 意味 敬虔

読み方は「けいけん」となります。

20

「敬虔」とは?意味や使い方を解説します!

意味 敬虔 意味 敬虔

尊敬する。 」や「敬虔が深い」といった表現が一般的です。

5