束の間 意味。 建築用語が由来の言葉①

建築用語が由来の言葉①

意味 束の間 意味 束の間

『釘を刺す』 (意味)念を押す。 とくに大人は忙しそう。 束の間の束に同音で以てつづけた 束の間も自分の肩に新しい外套のかかっている 束の間ながら活気づけてくれた 束の間に危うきを貪りて 束の間の春と思いあたれる 束の間に久遠にわたる光明は映りたらずや 束の間の閃光が私の生命を輝かす 束の間のほんの微かな誇りの色を浮べながら 束の間に我唯今を忘れけるかな 束の間にツイと立って行って 束の間をいろど 束の間に消え去った 束の間の幻を築いてゐる 束の間のエア・ポケツト見たいな 束の間の命を延ばして行く 束の間の安楽を得る 束の間のこととはいえ 束の間のためらひ 束の間をかき分けて 束の間の安堵をした 束の間の夢を破られるといふ 束の間の寿命を怨みぬ 束の間の旋回舞踊も記憶に呼びだされて 束の間で宋自身も女眞の爲に支那の北半を占領され 束の間の安穏を願っていらるる 束の間もやまなかった 束の間だけ生命の解放を計る 束の間の幸福にしろ 束の間の夜から朝へのうつりかわり 束の間も彼女の胸に斷えた 束の間に晴れて 束の間を破られてしまった 束の間のうたた寝を揺り動かされる 束の間に過ぎない 束の間ではあったが 束の間の山へつき 束の間ももろともにとぞ契りたる 束の間は塵も留めず 束の間も眠られぬと 束の間の歓びの情が溢れて見える 束の間の好奇心を刺戟した 束の間もそれが忘れられなかつた 束の間の静けさの時に挙げた 束の間に此処に来て 束の間に一の世界を創作して 束の間を楽しいものに思い 束の間に嘗ての姿をとりもどすかの 束の間は実に数旬を出なかった 束の間なりとも止まる 束の間の仇なる 束の間だって波風ひとつ立った 勝どきも束の間 喜びも束の間 彼は束の間も 生活を束の間ながら のも束の間 稻妻の束の間に 舟の動きし束の間に 灯りの消えた束の間に 悦びは束の間に それも束の間の 僕等は束の間の 家だけの束の間の ぐるは束の間 もやもやした束の間の 手紙の束の間を 姿を見出して束の間の 朝の束の間の それも束の間で それも束の間 のは束の間 貴兄このごろ薬品注射によって束の間の うたた寝の束の間を 人生は束の間に 滞在は束の間では 臥ては束の間も 顔に束の間の 奇抜さで束の間の 東京に居ても束の間も 浜松にて束の間の のも束の間にて それは束の間 一人うとうとする束の間を 涼風に吹かれる束の間の のも束の間の 念ひ束の間も 中縱ひ束の間なりとも. [英] in a twinkling[使い方]〔瞬く間〕 またたく間の出来事 またたく間に料理がなくなる〔束の間〕 平和な時代もつかの間であった つかの間の幸せ[使い分け]【1】「瞬く間」は、目をまたたかせるほどの短い時間のたとえ。

16

束の間の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

意味 束の間 意味 束の間

『長丁場の会議お疲れ様でした』などと使います。

【刹那】と【瞬間】と【一瞬】の意味の違いと使い方の例文

意味 束の間 意味 束の間

瞬く間(またたくま) すごく短い時間という意味です。

2

束の間の意味!語源や使い方をわかりやすく説明します。

意味 束の間 意味 束の間

短いですよね。

18

束の間の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

意味 束の間 意味 束の間

束の間の由来とは? 束の間の由来は大昔に用いられた 長さの単位「束」から来ています。 「束の間の休息」の 「束の間」とは 「ごく短い時間」を意味していて、 「休息」とは 「仕事・運動などをやめて心身を休めてくつろぐこと」を意味しています。 コンテンツ• たとえわずかな時間であったとしても自分が育んだ子供のことを思い起こし、罪悪感にさいなまれる人もいます。

8

建築用語が由来の言葉①

意味 束の間 意味 束の間

「束の間」の例文1 「彼女が年金を受け取り始め、定年した生活を楽しみ始めた束の間に悲劇が起こった」 最近では年金の受給年齢が上がっています。 儚い(はかない)• 湯布院は、 「九州の軽井沢」とも呼ばれている温泉街で、非常に洗練された街並みで、いつも多くの観光客で賑わっています。

20