ゾルトファイ 添付文書。 ゾルトファイ 添付文書

ゾルトファイ配合注フレックスタッチの作用機序・服薬指導のポイント【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

またアルファベットでも選択が可能。 三環系抗うつ剤 ノルトリプチリン塩酸塩 等 血糖降下作用の増強による低血糖症状があらわれることがある。 ・ 本剤の注射箇所は、少なくとも前回の注射箇所から2〜3cm離すこと〔14. メリット• 9. 急激な血糖コントロールに伴い、糖尿病網膜症の顕在化又は糖尿病網膜症増悪、眼の屈折異常、治療後神経障害(主として有痛性神経障害)があらわれることがあるので注意すること。

20

一般財団法人日本医薬情報センター(JAPIC)

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

036mgが含まれる。 ダナゾール[血糖降下作用の減弱による高血糖症状があらわれることがあるので、併用する場合は血糖値その他患者の状態を十分観察しながら投与すること インスリン抵抗性を増強するおそれがある ]。 2単位(用量範囲:10〜50単位)であった。

ゾルトファイ配合注フレックスタッチ

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

検索結果は、最新の添付文書がHITM形式で製品毎に表示されます。 医療情報サイトは、日経DI,AnswersNews,ミクスOnline等ありますが、数年間使っての感想は、新薬情報と更新頻度はm3が一番でした。 ゾルトファイ配合注とは ゾルトファイ配合注は、 トレシーバと ビクトーザを一つにした配合剤です。

5

医療用医薬品 : ゾルトファイ (ゾルトファイ配合注フレックスタッチ)

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

製品モノグラフが入手できる。

11

ゾルトファイ 添付文書

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

0単位)であった。 イソニアジド[血糖降下作用の減弱による高血糖症状があらわれることがあるので、併用する場合は血糖値その他患者の状態を十分観察しながら投与すること 炭水化物代謝を阻害することによる血糖上昇作用を有する ]。 小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性。

ゾルトファイ配合注の特徴・打ち忘れた時の対応【インスリン+GLP

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

リラグルチドのラット及びマウスにおける2年間がん原性試験において、非致死性甲状腺C細胞腫瘍が認められた。 8. 本剤投与中は、甲状腺関連の症候の有無を確認し、甲状腺関連の異常が認められた場合には、専門医を受診するよう指導すること〔15. また、末梢で弱いインスリン様作用を有する。

4

ゾルトファイ配合注の作用と”忘れたとき”の対処法

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

-この薬を自分で注射する前に、すべてのデバイスを安全に廃棄する方法を注意深く指示してください。 3%)が検証された。

8

ゾルトファイ配合注フレックスタッチの添付文書

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

特に、スルホニルウレア薬と併用する場合、低血糖のリスクが増加するおそれがあるため、スルホニルウレア薬の減量を検討すること。 新薬のため、2020年10月までは、長期処方できず、14日分しか処方できません。 本剤の作用は持続的であるため、回復が遅延するおそれがあり、低血糖は臨床的に回復した場合にも再発することがあるので継続的に観察すること〔2. 薬剤投与時の注意• 使用上の注意 禁忌• 3参照〕。

7

ゾルトファイ配合注フレックスタッチ

添付文書 ゾルトファイ 添付文書 ゾルトファイ

海外添付文書情報 フランス医薬品規制当局内ANSM内の医薬品検索が可能なサイト。

4